【グリムエコーズ】多彩な職種を詳しく解説!うまく組み合わせ戦況を打破しよう!

【グリムエコーズ】

かなりのボリュームを誇るグリムエコーズ。ユーウが最初に悩んだのは武器種と職種です。

RPGにつきものの、いわゆる職だけでなく、そこからさらに武器の種類へと分かれ、さらにさらに属性も分かれるという、かなり細かい仕様となっております。

まずは、大きなくくりである「職種」を把握することでパーティー編成の目安にしましょう(^^♪

職種は大きく5つに分けられる。

アタッカー

いわゆる高火力の職種。重い一撃で高ダメージを狙えますが、素早さが遅いのがたまにキズ。ですが、相手の攻撃を受けてものけぞらずに攻撃を続けられるので、ゲーム序盤から1人は育成しておくべき職種といえます(^^♪

アタッカーは、「両手剣」「両手槍」「両手斧」の3つの武器が該当します。

ストライカー

素早い攻撃が特徴の職種です。

アタッカーに比べて、攻撃力は劣りますが、反対に素早さが格段に速く、敵の攻撃を回避しつつ攻撃することも可能。また、必殺技を放つのに必要な「マナ」の発生率も高いのが特徴で、バンバン必殺技を放つこともできます。

ストライカーは「双剣」「細剣」「篭手」の武器が該当します。中でも「双剣」は初心者でも扱いやすい素直な動きをしますので、操作が難しく感じる方は双剣のキャラをメインに操作するといいです(*’ω’*)

ディフェンダー

盾を装備できる唯一の職種。盾のおかげで敵の攻撃をはじくこともできます(*’ω’*)。

総じて防御面が強く、タンク役に適しています。

ディフェンダーは「片手剣」「ランス」「片手槌」が該当します。操作のしやすさですとやはり片手剣ですが、個人的には片手槌のブレイクしやすさと攻撃範囲の広さは捨てがたいですね(^^♪

マジシャン

属性攻撃が得意な「マジシャン」。

マジシャンは「両手杖」「魔導書」「片手杖」の3つ。遠距離からの属性攻撃が得意な「両手杖」は敵の弱点を突くのに有利です。「魔導書」は味方の支援に特化した武器で、属性攻撃もできますが、近接攻撃のため、扱いづらいかも?「片手杖」はいわゆるヒーラーで、長期戦で重宝します。

特に「片手杖」は相手の弱点属性となる「精神攻撃」を持っている唯一の職種ですので、序盤から必ず育てることをお勧めします(^^♪

「マジシャン」の「片手杖」は1人は必ず育てておこう。

様々な職種と武器種がありますので、どのキャラで進めようか迷ってしまいますw

ですが、その中でも「片手杖」に関しては、グリムエコーズで唯一回復と専用の属性を扱えるので、必ず一人は育てておくようにしたいところ。

実際、ユーウも初めはわからずに、「片手杖」の育成を後回しにした結果、ストーリーで足止めを食らっております( ゚Д゚)

あとは「アタッカー」「ストライカー」をベースにして選んでいけば、バランスのいいパーティーになりますので、頑張って育てていきましょう(^^♪

次回は、ちょいちょい登場している「武器種」について、詳しく見ていきたいと思います(^^♪

コメント