【ラスバレ】感動の超大作RPG「新約 カエーデ・J・伝説」を遊びつくす!攻略情報を一挙公開!?

【イベント関連】

「その日、世界は悲しみに包まれたーーー」

もの悲しげなプロローグから展開される超大作RPGがついに公開されました。重厚な物語と涙あり、笑いありの期待作!!

この待ちに待った超大作RPGを今回は隅々まで遊びつくしていきたいと思います。果たして、勇者リリはカエーデ姫を無事に救うことができるのか!?

「世界を救うのは、聖域をも超越する、真実の愛ーーー」

これはエイプリルフール企画のジョークイベントです。実際にはこのゲームは配信されておりませんwww

また、可能な限りクリアの仕方など伏せるようにしておりますが、多大にネタばれを含みますので、その点はご了承ください。<m(__)m>

「新約カエーデ・J・伝説」の各章の詳細

第1話「愛欲の魔女」

牢獄にとらえられた(と思われる?)魔女姫カエーデを救うため、夕飯前のちょっとしたお手伝いをすることになった勇者リリ。

このあと、自ら牢獄に行ったと思われる魔女姫カエーデを救うため、ジュワユーズ=ピンを抜くゲームを始めるのであった…

お使い並みの軽さがウリです

第1章は比較的難易度の低めのステージです。ただし、魔王シラーイの手先、ピュージが待ち構えていますので、必ずピュージをタップしてその鳴き声を堪能いたしましょう。

どこかで見たことがwピュージは必ずタップしよう。

1.5話「続・愛欲の魔女」

1話で救出したと思いきや、なぜかまたとらえられている魔女姫カエーデ。とにかく、ジョワユーズっぽいピンを動かして、再度、魔女姫カエーデを救い出そう。

ここでは、ピュージをタップするほかに灯を必ずタップすること!そうしないと、重要な人物がスルーされたまま物語が進んでしまうので、そんな悲しい結果にならないよう、忘れずにタップしましょう。

カエーデの前にある灯をタップすると、部屋の明かりが消え…
この人はもしや!!?

第2話「流血の呪い」

無事に四十畳半の広い牢獄からカエーデ姫を救出することに成功した、カタカナのリにカタカナのリと書いて勇者リリ。

カエーデ姫の頼みを、内容を聞く前から快諾し、さっそうと走り去っていくのでした。

このステージでの目的は魔王シラ―イを倒すための聖槍「グングニル」を作るためのお金。グングニルはお金さえあれば作れるのだそうで、財宝をゲットするために勇者リリは向かいます。

ここでは血の呪術使い「フーミン」に注意しよう。鼻血に触れると溶けてしまうぞ。

2.5話「続・流血の呪い」

先ほどの財宝ではグングニルの制作にたりなかったのか、再度、財宝を目指していきます。ここでも血の呪術使い「フーミン」が登場。「フーミン」をうまく利用して、財宝をゲットしましょう。

敵と鼻血に注意ですわ。

第3話「漆黒の魔獣」

フーミンの呪いを何やら物騒な方法で解除した勇者リリ。無事に財宝をゲットし、カエーデ姫がレアスキルにより、館のどこかに「グングニル」を登場させます。

しかし、館のどこかに出現させられるのに、なぜ手元に出さないのかと言い寄る勇者リリ。カエーデ姫の不正を疑います。

そんな勇者リリの意義を認め、次のステージでグングニルを手にすることができるようにするとカエーデ姫。

その言葉を聞くや否や、さっそうと走り出す勇者リリなのでした。

あほの子と思いきや、いがいと鋭い

第3話は非常に歯ごたえ?のあるステージ。漆黒の魔獣がポイントになってきます。ネ…漆黒の魔獣を森の園に移動させる方法は何通りかありますので、とにかく気になるところをタップしましょう。

また、このステージでも灯を必ず消すこと!ここではかの有名な壁画が現れますので、必ずチェックしておきましょう。

ネコを吸う!?魔獣使いがポイントになるとかならないとか。
灯を消すと神々しく現れる伝説の絵画。

第4話「決戦の双刃」

無事にグングニルを手に入れ、ピュージを倒すことに成功した勇者リリ。万病に効くネコを吸った魔獣使いから、「この世界は何かおかしい」と注意を受けます。

ネコを吸う!?

魔獣使いからの話を聞き、大切tなものを思い出すため、勇者リリは次のステージに向かいます。

ここでは、かの有名なシーンが再現されています。邪魔者となるピュージを倒し、夢結様と刃を交えましょう。

また、クモには注意!ピュージよりも強力なクモによって、夢結様が倒されてしまいます。クモにちょっかいを出すのはやめましょう。

ナティックトランサーすらをも凌駕する「クモ」

最終話「斯くして、J・伝説へ…」

斯くして、すべてを思い出した勇者リリ。夢結様とともに、真の敵、魔女カエーデを倒しに行くのであった…。

………

………

と、いうストーリーのゲームだったようです。

楓が発注したゲームですが、不良品として回収されるため、世の中には出回らず、幻のゲームとなってしまいました。

正規版の配信を心待ちにしたいと思います。

全力でふざけにいったイベント。すべてのギミックを堪能しよう。

というわけで、全力でふざけにいったエイプリルフール企画のイベント。もう、元ネタを探すだけでも楽しいくらい、真面目にふざけていますwww

ゲーム中の小ネタはミルダムの「ラスバレ放送局」から採用されているものもありますので、気になる方はそちらもチェックしてみるとより深く笑えるのではないかなと思います。

4/6までの限定イベントですので、まだの方はぜひ早めにプレイしましょう(*’▽’)

コメント